Header image  
Theoretical Chemistry Symposium 2008
 
 
    トップページ
 
プログラム


・ポスターセッションのプログラムは「こちら」です。


・講演要旨集のpdf版は以下のリンクからダウンロード出来ます。

初日:【5月22日(木)】

口頭発表 セッションA  座長:中井浩巳
9:00
非断熱電子波束動力学における原子核運動軌跡の自然分岐とentanglement
(東大院総合文化)○高塚 和夫、米原 丈博
9:30
Nonadiabatic electron wavepacket dynamics of molecules in an intense optical field. An ab initio electronic state study.
(東大院総合文化)○米原 丈博、高塚 和夫
10:00
速い自由度の重なり積分で非断熱遷移を考察する半古典論
(東大院総合文化)○藤井 幹也、高塚 和夫
休憩 (10分)
口頭発表 セッションB  座長:立川仁典
10:30
時間分解光電子分光法によるNO2分子円錐交差での波束動力学の実時間観測

(東大院総合、Caltech)○新崎 康樹、高塚 和夫、
Kwanghsi Wang、Vincent McKoy

10:50
表面吸着種の光誘起コヒーレント振動の励起メカニズム:量子開放系クラスターモデルによるアプローチ
(分子研、総研大)○安池 智一、信定 克幸
11:20
分子振動が熱外中性子散乱に与える影響
(東北大院理、宮崎大工)
○保木 邦仁、梅木 健太、五十嵐 明則、河野 裕彦、藤村 勇一
昼休み (70分)
口頭発表 セッションC  座長:中野雅由
12:50
分子の粗視化と粗視化動力学方程式における内部自由度
((株)豊田中央研究所)○兵頭 志明
13:20
キュミュラントによる量子動力学
(筑波大学数理物質科学専攻・TARAセンター)○重田 育照
13:50
APSG波動関数に対する簡便な摂動補正法の開発

( エトヴェシュ大 、早大先進理工)
○小林正人、SZABADOS, Ágnes、SURJÁN, Péter、中井浩巳

14:10
密度汎関数タイトバインディング分子動力学法による単層カーボンナノチューブ成長シミレーション
(京大福井センター、名大高等研)
○太田 靖人、岡本 佳子、Stephan Irle、諸熊 奎治
休憩 (10分)
口頭発表 セッションD  座長:菅原道彦
14:40
分子内部状態を用いたエンタングルメント生成と量子演算
       (東大院工、JST-CREST)○三嶋謙二、山下晃一
15:00
非共鳴レーザーによる窒素分子整列の並列化最適制御シミュレーション
(東北大院理、JST-CREST)○中上 和幸、水本 義彦、大槻 幸義
15:20
ストレステンソルエネルギー密度方程式
(京大院工)○立花 明知
休憩 (10分)
口頭発表 セッションE  座長:河野裕彦
16:00
Stress Tensor Description of Chemical Bonds - New Bond Order Concept
(京大院工)Pawel Szarek、○立花 明知
16:30
Free ICI法による正確な波動関数の計算設計. I
       (量子化学研究協会、JST-CREST)○中嶋浩之、中辻博
16:50
Free ICI法による正確な波動関数の計算設計. II
       (量子化学研究協会、JST-CREST)○中辻博、中嶋浩之
17:10
Free-ICI法による磁場下でのシュレーディンガー方程式の解析解:水素分子 イオンへの適用
     (京大院工、量子化学研究協会、JST-CREST)
○石川敦之、中嶋浩之、中辻博
17:40
P1**



2日目:【5月23日(金)】

口頭発表 セッションA  座長:江原正博
9:00
共鳴密度汎関数法の開発
(東大院工、産総研、九大院理)○常田 貴夫、千葉 真人、中野 晴之
9:30
Dual-level密度汎関数理論における解析的エネルギ-微分法の開発
(東大院工、早大理工学術院)
○佐藤 健、中嶋 隆人、中井 浩巳、平尾 公彦
10:00
縮約密度行列変分法:強いN-representability条件、非常に正確なソルバーの応用

(理化学研究所、Emory大、中央大、東工大、New York大、
Lawrence Berlekey National Lab.)
○中田真秀、Bestiaan J. Braams、藤澤克樹、
Mituhiro Fukuda、Jerome K. Percus、山下真、Zhengji Zhao

休憩 (10分)
口頭発表 セッションB  座長:重田育照
10:30
二電子伝播関数によるオージェ電子スペクトルシミュレーション
(金沢大院自然、Auburn University)○井田朋智、J. V. Ortiz
10:50
Configuration State Functionを用いたプロジェクタモンテカルロ法
(分子科学研究所)○大塚勇起、永瀬茂
11:10
大規模な多配置問題に対する ab initio DMRG法の開発
(分子科学研究所)○倉重 佑輝、柳井 毅
11:30
大型多配置SCF法と共役系への適用
(分子研、コーネル大)○柳井 毅、D. Ghosh、
J. Hachmann、G. K. -L. Chan
昼休み (70分)
口頭発表 セッションC  座長:柳井毅
13:00
フラグメント分子軌道法を用いたポリペプチド・タンパク質のESP電荷の決定とMD応用
(神戸大院人間発達環境、JST-CREST、岐阜大人獣感染防御研、
みずほ情報総研、立教大理、国立衛研)
○沖山佳生、渡邉博文、石川岳志、福澤薫、
望月祐志、中野達也、蛯名邦禎、田中成典
13:20
フラグメント分子軌道法を用いたNMRケミカルシフトの第一原理計算
(株式会社 三菱化学科学技術研究センター、
三菱化学生命科学研究所(MITILS)、AIST、東工大)
○横島 智、Qi Gao、沈 君偉、河野 俊之、石田 豊和、Dmitri G. Fedorov、北浦 和夫、櫻井 実、藤平 正道、中村 振一郎
13:40
FMO法に基づいたTDDFTの開発とその応用
       (産総研計算科学、京大院薬)
○千葉真人、Dmitri G. Fedorov、北浦和夫
14:00
フラグメント分子軌道法によるDsRed類縁種の励起状態に関する理論的研究
(立教大理、JST-CREST、国立衛生研、岐阜大、
みずほ情報総研、東工大、神戸大院人間発達環境学)
○田口尚貴、望月祐志、中野達也、
              石川岳志、福澤薫、櫻井実、田中成典
休憩 (10分)
口頭発表 セッションD  座長:長谷川淳也
14:30
2D1b
ONIOM分子動力学法による有機金属錯体反応における環境の動的効果に関する研究
(広島大院理・広島大QuLiS)○松原 世明、相田 美砂子
14:50
Improved Description of Polarization in Large Systems with Three-layer ONIOM(QM:QM:MM)
(京都大学福井謙一記念研究センター)
○Marcus Lundberg、笹倉陽子、Guishan Zheng、諸熊奎治
15:10
第一原理計算を用いたNbドープしたアナターゼ型酸化チタンの構造と
物性に関する研究
(東大工)○神坂英幸、一杉太郎、末永貴洋、長谷川哲也、山下晃一
休憩 (10分)
口頭発表 セッションE  座長:山下晃一
15:40
超球面探索法による高次非調和結合項を考慮したポテンシャルエネルギー関数の効率的生成-高精度振動解析への応用
(東北大院理)○前田 理、渡辺 暢、大野 公一
16:00
ONIOM法と超球面探索法を用いた不斉触媒の選択性の系統的解析
(東北大院理)○大野 公一、前田 理、寺田 眞浩
16:20
A protocol for the geometrical optimization of the excited states with the
ONIOM methodology: application to photoreceptor PYP
(Imperial College London, United Kingdom, and Gaussian, Inc., USA)
○古濱彩子 、Thom Vreven、Michael J. Bearpark、Michael A. Robb
16:50
P2**
18:30
懇親会(90分)

 

最終日:【5月24日(土)】

口頭発表 セッションA  座長:倉重佑輝
9:00
ウェーブレットを用いた流体系方程式の解法
(豊橋技科大、JST-CREST)○濱田 信次、関野 秀男
9:20
2成分型相対論における2電子項の精度検討-無限次FW変換法の拡張-
(首都大院・理工、JST-CREST)○清野淳司、波田雅彦
9:40
同位体分別における核の体積効果の理論的研究
(首都大院理工、東工大炉)
○阿部 穣里、鈴木 達也、藤井 靖彦、波田 雅彦
10:00
スピン三重項有機分子の零磁場分裂テンソルにおけるスピン軌道項の量子化学計算
(阪市大院理)○杉崎 研司、豊田 和男、
佐藤 和信、塩見 大輔、工位 武治
休憩 (10分)
口頭発表 セッションB  座長:中嶋隆人
10:30
差スピン密度行列をもちいたNMR常磁性シフトの解析
(首都大院理工、CREST)○山木 大輔、鈴木 真徳、波田 雅彦
10:50
L-アラニンの真空紫外円二色性スペクトルに関する理論的研究
(首都大院理工、JST-CREST、産総研・計測フロンティア、神戸大院人間発達環境)
○剣持 祐介、本田 康、波田 雅彦、渡辺 一寿、
金子 房恵、田中 真人、中川 和道
11:10
SAC-CI法による核酸の円二色性スペクトル
(量子化学研究協会、JST,CREST、京大院理)
○宮原 友夫、杉山 弘、中辻 博
11:30
ピリジン配位子を含む銅二核錯体の励起状態に関する理論的研究
(京大院工、京大福井センター)
○石川 敦之、中尾 嘉秀、佐藤 啓文、榊 茂好
昼休み (70分)
口頭発表 セッションC  座長:松原世明
13:00
カテコールジオキシゲナーゼの酸素活性化機構に関する理論的研究
(京大院・工、京大福井セ)
○中谷 直輝、中尾 嘉秀、佐藤 啓文、榊 茂好
13:20
Molecule-independent and dynamics-friendly methodology to represent high-dimensional potential energy surfaces
(東京大学、モントリオール大学)
○Sergei Manzhos、Tucker Carrington、山下晃一
13:40
量子輸送現象におけるフロンティア軌道の役割
Role of Frontier Orbital in Quantum Transport Phenomena
(九大先導研、東大院工)
○吉澤 一成、多田 朋史、Staykov Aleksandar
14:10
Control of magnetic properties by partial quenching of orbital momentum in a Co(II) complex

(九大先導研)○Gergely Juhász、Ryotaro Matsuda、
Kaori Inoue、佐藤治、吉澤一成

休憩 (10分)
口頭発表 セッションD  座長:森田明弘
14:40
グリシンの異性化に伴う水和自由エネルギーの変化に関する理論化学的研究
(広島大院理、広島大QuLiS)○宮本 秀範、相田 美砂子
15:00
QM/MM-ER法による水溶液中のプロトンの水和構造の研究
(阪大院基礎工)○高橋 英明、岸 亮平、中野 雅由
15:20
高分子電解質膜ナフィオン中でのプロトン伝導
(産総研、豊田中研、JST-CREST)
○崔隆基、土田英二、池庄司民夫、山川俊輔、兵頭志明
15:40
Dynamics of Structural Photoinduced Relaxation of NO doped Ar solids with the use of ground and excited state ab initio PESs for Ar-NO complex
(東大院工)○Juan Carlos Castro-Palacio、Keisaku Ishii、
Jesús Rubayo-Soneira、Koichi Yamashita
休憩 (10分)
口頭発表 セッションE  座長:高橋英明
16:10
和周波分光による硫酸水溶液表面の酸解離平衡の研究
(産総研ナノテク部門、東北大院理、名古屋大院理)
宮前 孝行、石山 達也、○森田 明弘、大内 幸雄
16:30
分子間共鳴的振動相互作用の存在下における同位体混合液体の振動スペクトル形状の理論的解析
(静岡大教育)○鳥居 肇、長田 賢典、岩見 真紀
16:50
超臨界流体中における溶質の揺らぎ:ポジトロン消滅と高分子鎖の凝縮・膨潤
(豊橋技科大)○墨 智成、今崎伸幸、関野 秀男