クラスターの電子状態計算
   

3d中性遷移金属とベンゼンからなる一次元サンドイッチクラスターは強磁性体材料として期待されています。 これらのクラスター磁気モーメントが、Stern-Gerlach型ビーム実験により測定され、その磁気モーメントが部分的に緩和されることがわかりました。 さらにその程度は、金属のスピン状態によって異なることが知られています。
本研究では、金属としてスカンジウム、チタン、バナジウムを扱い、そのスピン状態やスピン軌道相互作用、スピンと分子の回転運動の相互作用を解析することで、緩和現象を解明することを目指しています。